ワイヤレスイヤホン apt-X,AAC,SBCって何?コーデックについて

スポンサーリンク

今回は、ワイヤレスイヤホン購入の際に気になるポイントであるコーデックについて説明します。

スポンサーリンク

コーデックとは

コーデックとは、デジタルデータストリームや信号をエンコードまたはデコードするためのデバイスやコンピュータプログラムの事を指します。

簡単に言うと、圧縮したりしてデータ転送をやりやすくするアルゴリズムです。

なので、コーデックによって圧縮率なども変わってきます。

SBC,AAC,aptXの違い

それぞれのコーデックについて簡単に説明します。

SBC

約0.2秒の遅延があるためゲームなどには特に向いていない。データの転送量も限られるため音質も変化する。最も定番のコーデックである。

AAC

主にApple社の製品に搭載されています。音質の低下はあまり見られないが、遅延がある。

aptX

CD音質相当で音楽を聴くことが出来ます。そしてSBC,AACに比べて遅延が明らかに少ないです。iPhoneには搭載していない。

対応コーデックについて

簡単に説明しましたが、

Androidの人は、aptX

iPhoneに人は、AAC

に対応したイヤホンにすることで最高パフォーマンスを発揮することができます。

 

もっと詳しく色々なコーデックについて知りたい人は下へお進みください。

それぞれのコーデックについての詳しく説明

基本的にA2DPプロファイルを前提にお話をします。

SBC

SBCとは、Subband Codecの略です。元々は、DVDの圧縮アルゴリズムを用いられています。

Bluetoothの標準コーデックとして扱われています。そのためライセンス料金が無料です。

そのため、ワイヤレスイヤホンの全機種に搭載しています。

約0.2秒の遅延があり、音質の変化があります。

AAC

AACとは、Advanced Audio Codingの略です。MP3の後継フォーマットとして作られています。

ですので、人間が聞こえない周波数帯を除去して圧縮するためSBCよりも高音質です。

apple社が推しているコーデックであり、iPhoneはSBCとAACのみの搭載となっております。

残念な点としては、遅延が他よりも酷い事です。公式で発表されていないのですが、約0.8秒の遅延があると言われています。

実際にSBCとAAC対応にワイヤレスイヤホンを購入しました!

完全ワイヤレスイヤホン Jabra Elite Active 65t レビュー!
ついに買ってしまいました。。。ワイヤレスイヤホン!!今回は、ヨドバシカメラでセールで22000円だったので買ってしまいました。 Elite 65t とスペックに関してはほぼ同じで防水性能ぐらいです。スペック...

aptX

英国CSRによって開発されクアルコムが会社ごと買収し、手に入れた音声コーデックです。

1980年代後半にクイーンズ大学ベルファストにてアルゴリズムが開発されました。

低遅延を実現するために開発されたものであり、約0.07秒の遅延で収まっています!

また、CD音源と同程度の音質で聞くことが出来ます。

クアルコム社が所用している技術ですので、多くのAndroidスマートフォンに搭載されています。(多くのスマホがクアルコム社のCPUを使用しているためだと考えられます。)

aptX-HD(High Definition)

aptXと同様にクアルコム社が提供している音声コーデックです。

aptXは48kHz/16bitまでサポートしているのですが、aptX-HDは48kHz/24bitまで対応しています。これはハイレゾ相当の音質に値します。

aptXよりも伝える情報量が大きくなるため、約0,1秒の遅延があります。

aptX-LL(Low Latency)

こちらも、aptXと同様にクアルコム社が提供している音声コーデックです。

他のaptXとの違いは、約0.04秒の遅延であることです。そのため、動画やゲームに向いています。

送受信方法を工夫することで音質の良いまま低遅延を再現しています。

クアルコム社の公式サイトより、人間の脳は0~100ms(0.1秒)の遅れの違いを見分けることはできないと説明されていました。

LDAC

ソニーがワイヤレス環境でも高音質で聞けるように開発したコーデックです。

そのため、ソニーが販売する機種には搭載している商品が多いです。

ハイレゾ音源を聞けるように96kHz/24bitに対応しています。

LDACの転送モードには3種類あり、990kbps(音質優先モード)、660kbps(標準モード)、330kbps(接続優先モード)があります。

音質優先モードでは、伝送量がSBCの3倍にもなります。そのため音質も良いです。

しかし、問題点もあって遅延も他のコーデックに比べて大きい。(0.1秒以上)

現状の正解の選択肢

現在通常使用するのであれば、aptXが良いと考えられる。対応している本体やイヤホンが多い事からも価格帯が多くあるため選びやすいです。

下の記事では、オススメのワイヤレスイヤホンを紹介しています。

完全ワイヤレスイヤホン コスパ最強オススメ(一万円前後)
今回はオススメの完全ワイヤレスイヤホンを紹介したいと思います。AVIOT TE-D01dワイヤレスイヤホンの中でも、ケース込みの再生時間が化け物スペックになっています。スペック最安値...

コメント

タイトルとURLをコピーしました