中華イヤホン KZ-ES4 レビュー

スポンサーリンク

イヤホンが好きで、これまでにWESTONE UM Pro30、オーテクIM70、CarotOne TITTAを使ってました。そこで最近中華イヤホンが熱いと言うことでお試しで買ってみました。

KZ-ES4
スポンサーリンク

KZ-ES4 スペック

ドライバ構成:1バランスドアーマチェア+1ダイナミック
インピーダンス:25Ω
音圧感度:104db
応答周波数:20Hz-40000Hz
ケーブルの長さ:120cm

購入

僕はアマゾンで購入しました。

安く購入した場合は、aliexpressをオススメします。

ツイッターフォローしているとフォロー割で割引してくれるのでぜひ活用ください。

ただ、日数がかかるので早く欲しい人はアマゾンがオススメです。

評価

イヤホンを評価するにあたって次の条件を与えます。

  • DAPはiPhone8を使用
  • イヤーピースは同封物
  • ケーブルも同封物

DAPはiPhone8を用いているのは、最近だとスマホで音楽を聞く人がほとんどだと思いますので、出来るだけみんなと同じ条件で試すためです。

イヤーピース、ケーブルも同封物を使用しています。

これがなぜかと言うとイヤーピースは音質にかなり影響するんですよ。鼓膜に伝えるための経路になるので、イヤーピースによって振動の伝え方が変わってきます。

ただ、ケーブルについてはほとんど変わらないと考えています。そこに話はまた別の機会にしたいと考えております。

まず1500円で1BA+1DDのハイブリッドイヤホンが買えることに感動しました。本当に中華はスペックお化けだと思います。

個人的にKZの見た目は好きです。ただ、実物を見てみると思っているよりもチープに感じました。本体が軽くて触った感じも安物だなと感じます。(実際に安いです笑)

装着感はそこまで悪くないです。正直全く問題ないです。ただ、耳の小さい女性などには不向きです。

肝心な音質の部分について話していきます。

まず最初に感じたのは、1500円でこんだけの音が聞けるなら十分だと感じました。

全体的な印象としては、長く聞いていてもあまり疲れない感じですね。逆に言えば面白みのないイヤホンではあると思います。ボーカルもそこまで近いとも感じなかったです。

中音、高音に関しては解像度が高いと感じます。

高音に関しては、特に耳に刺さるイヤな感じもなく、すごく聴きやすいです。

なので、女性歌手やピアノ演奏などに向いています。

低音に関しては、あまりパッとしないです。複数のバンドの歌を聞いたのですが、低音のボアつきがすごく聞けたものではありません。低音域の解像度が高くないのが原因でしょうか・・・

したがって、バンド以外ならOK

全体的な評価としては、1500円なら十分楽しめるイヤホンでした。1500円で1BA+1DD、リケーブルできるイヤホンなんて数年前では考えられなかったのでぜひ試して欲しいと思います。

あくまでも1500円での音質なのでそこを忘れないでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました