MacBook Pro キーボード修理プログラムを頼んだ件について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

修理を出す経緯について

現在MacBook Pro 13-inch, 2016モデルを使用しています。

一部のキーボード(「 、ろ)で押した時の音や感触に差があり、時々反応しない事がありました。

そして、たまたまサポートを見ていたら、バタフライキーボードの不具合があり無償で修理が出来るとのことで即決。

そこで、色々と調べているとバッテリーも一緒に交換してくれるみたいなので、実際に試してみました。

修理の出し方

MacBook、MacBook Air、MacBook Proキーボード修理プログラム

上記のサイトにある、修理手続きの項にあるApple 正規サービスプロバイダ、Apple Store 直営店、配送修理から選びます。

僕の場合は、近くにお店無いので配送修理を選びました。

そして下の画面が表示されます。空いてる時間が無かっため、後日電話したいを選びました

Apple サポート

その後、メールアドレス、名前を記入します。

そして、登録したメールアドレスに電話番号が届きます。

ただ、電話しても繋がらなかったため、チャットでの問い合わせにしました。

appleのアカウントにログインして問い合わせ番号を入れることで、チャットでも問い合わせする事ができます。

修理期間

  • 9月13日 昼頃 チャットでキーボードの症状など詳細と集荷について
  • 9月14日 夜  ヤマトが集荷に来る
  • 9月15日 未明 商品到着&修理&商品発送
  • 9月16日 朝  商品受け取り

実質パソコンが手元になかった期間は約2日間でした。appleの仕事の早さに驚きです。

まとめ

修理期間も短く、チャットでの対応は丁寧でかなり良かったです。

そして、バッテリーも一緒に交換されているので、まだまだこの機種で戦っていこうと思います。

バッテリーとキーボードは一体型なので一緒に交換されたと推測。

期間は発売から4年なので、気がついた方は早めにすると良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました