(2019年現在)写真編集にオススメ Nik Collectionを紹介(無料)

スポンサーリンク

僕が写真編集する際に使うNik Collectionについて紹介します。

現在は旧バージョンを無料で使用する事ができます。

購入した場合は14900円するソフトです。

スポンサーリンク

Nik Collectionとは

Nik Collectionは、下記のプラグインから構成されています。

  • Color Efex Pro
  • Silver Efex Pro
  • Analog Efex Pro
  • HDR Efex Pro
  • Viveza
  • Dfine
  • sharpener

LightroomやPhotoshopと連携する事ができ、様々な編集をする事ができます。

なぜ、無料なのか

以前は1995年に創業したNik Softwareが販売をしていました。この会社は、プロ向けの編集ツールを販売する会社でした。実はNikonが株の35%を保有していた会社でもあります。

2012年にgoogleがこの会社を買収したことをきっかけに無料で配布されることになりました。

しかし、googleは開発を中止してしまい、DxOが引き継ぎ有料版を発売しました。

しかし、DxO社も昔のバージョンを無料で公開してくれています。

オススメのプラグイン

実際に僕が使っているオススメのプラグインを紹介します。

Color Efex Pro

フィルタを用いて様々な編集を行う事ができます。

僕がオススメなのはプロコントラストです。

ダイナミックコントラストを上手く適用する事で風景などは化けます。

Color Efex Pro4

実際に適用前と適用後の写真を並べておきます。

適用前
適用前
適用後
適用後

曇っている感じがなくなりはっきりとした写真に編集する事が簡単にできます。

それ以外にも様々なフィルタがあり使いやすいです。

Dfine

Dfineは、自動でノイズ処理できるソフトです。

自動でノイズ処理や低減以外にも手動でも行う事ができます。

Dfine

右側のズーム部分を拡大してみました。

かなりノイズが綺麗に処理されている事がわかると思います。

Dfine ノイズ除去

ダウンロードの方法

まず、ダウンロードをするために下のサイトにアクセスして下さい。

Nik Collection

アクセスすると下のサイトが表示されます。

そして、メールアドレスを入力後、下の項目にチェックしSUBMITを押してください。

そのあとメールが届きます。

NIK COLLECTION

下記のようなメールがくるので、自分のOSに合わせてダウンロードしてください。

NIK COLLECTION インストール

まとめ

旧バージョンですが、全く問題なく使う事ができます。

そして、様々な編集をする事ができるので、編集の幅も広がり楽しめるソフトです。 

特にノイズ処理は最高に便利です!

無料で使えますので、色々触ってみて良い写真を仕上げて見て下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました