最高峰のゲーミングワイヤレスマウス「Razer Basilisk Ultimate」をレビュー!

スポンサーリンク

今回はRazerのワイヤレスゲーミングマウス「Razer Basilisk Ultimate」をレビューします。

最軽量&左右対称で最近話題の「Razer Viper Ultimate」と悩んだ結果「Razer Basilisk Ultimate」を購入しました。購入した理由などをも語っています。

公式サイトのリンクは → 公式サイト

スポンサーリンク

スペック

ケーブル有線/無線(2.4GHz)
ボタン数11ボタン
DPI最大20000dpi
バッテリー持続時間約100時間
ボタン耐久7000万回
重さ107g
幅×高さ×奥行60 × 42 × 130 mm

このマウスの特徴は、以下のようになっています。

・最大20000dpi(ゲーミングマウス界隈では最高値)
・ゲーミングワイヤレスマウス

それ以外にも100時間もつバッテリーや7000万回の耐久度があります。

スペック上、これが欠点!!みたいなポイントはないと思います。

開封

それでは開封していきます。外箱は高級感ある見た目です。

付属品はマウス本体、充電スタンド、充電ケーブル、マルチファンクションパドル、説明書です。

マウスの表側からの写真です。光沢感はそこまでなく艶消しブラックです。

横からの写真です。こちらには、親指を置くスペースが配置されています。

反対側の写真です。小指が当たる箇所には、小指が滑りにくいように加工されています。このような小さい配慮が最高です。

裏側の写真です。

滑り心地が良いと感じていたのですが、スベスベのプラスチックが至るが5カ所に配置されていることが要因だと思います。

この滑りやすさは最高に良いです。

この写真は充電ドックです。下には滑り止めが配置されており全く滑ることがありません。

充電中のマウスの写真です。

充電中はこのように光ります。色で充電量を表してくれます。

ちなみに、充電量は以下のような色で表します。
満タン&高い → 緑
中 → 黄色
低 → オレンジ
非常に低下 → 赤

マウスの設定(アプリケーション)

マウスの設定、RAZER SYNAPSEと呼ばれるアプリケーションで設定可能です。

この画面に所有しているデバイスが表示されます。

マウスのタブを選択するとマウスボタンが表示され細かい設定をすることが可能です。

アプリケーションの操作性も良く全く支障がありません。

Razer Viper Ultimateと悩んだ結果、Basiliskにした理由

下記の通りスペック上Razer Viper Ultimateが買っているのは、マウスの軽さだけです。
Razer Viper Ultimate : 74g
Razer BasiliskUltimate : 107g

重さの差は、単三電池1本分。これは人によってが大きなアドバンテージになると思います。

しかし、私はそれ以上に以下のようなメリットを感じています。

・Viperに比べ手の甲の部分が高く自然な形でマウスを掌におくことができる
・親指を置くところがあり長時間のプレイに最高
・最軽量ではないので滑りやすく設計されている

まとめると、形がViperに比べ手にフィットするということです!!

まとめ

ゲーミングワイヤレスマウスは世界が変わるので、購入をオススメします!!

ケーブルから解放されることで、ストレスフリーでゲームをすることが可能になります。

また、長時間ゲームをする人にもこのマウスを勧めたいです。

こんな人にオススメ
・右利きの人
・ゲーミングワイヤレスマウスが欲しい人
長時間ゲームする人

このマウスが合わない人は、最軽量で左右対処のマウスの購入をオススメします

・Razer Viper Ultimate

・Logicool G Pro Wireless 

コメント

タイトルとURLをコピーしました