Acer VG240YPbmiipxをレビュー!コスパ最強の144Hz&iPSパネル採用

スポンサーリンク

今回は、AcerのゲーミングモニターVG240YPbmiipxを紹介します。

値段は2万円半ばで144Hz&iPSパネルを採用しており、話題の商品となっています。

スポンサーリンク

スペック

品番VG240YPbmiipx
パネルサイズ23.8型
液晶パネルiPS(ノングレア)
解像度
フルHD(1920x1080)
リフレッシュレート144Hz
応答速度1 ms (VRB)
High Dynamic RangeHDR Ready
G-Sync×
Free-sync
入力端子HDMI 2.0 ×2、DisplayPort v1.2 ×1
保証3年(パネル,バックライトは1年)

価格は、 ¥26,343(価格.com調べ 2019/12/12)となっています。

正直TNの144Hzモニターと値段の違いもなく、かなりお買い得な商品となっています。

特徴は、

  • iPS
  • 144Hz
  • 最速で1ms(VRB使用)
  • FreeSync対応
  • HDR対応
  • 低価格

開封

それでは、開封していきたいと思います。

Acer NITRO VG0  ゲーミングモニター

付属品は、スタンド、電源コード、HDMIケーブルです。

HDMIケーブルが付属品にあるとは知らず、Amazonで買ってしまいました笑

付属品に HDMIケーブル があるのは、ありがたいです。

そして、 ACアダプタがモニターに内臓されているため、 ケーブルがスタイリッシュです。

付属ケーブル

実際に組み立ててみると、下の画像のようになります。

Acer NITRO VG0 のモニター

安定性など、特に可もなく不可もなくって感じです。

電源などのボタンは、モニターの裏側についています。

モニターのボタン
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一番上のボタンが電源になっています。他のボタンを押すことでメニューを開くことができます。

アナログスティックが一番下についており、操作性も良いです。

144Hz出てるか確認

有名なUFOテストで確認しました。

実際に144Hzでており、スペックは嘘ではありませんでした。

Acer Display Widgetが便利

Acer製のモニターは、エコモードやゲーミングモードなどアプリから変更することができます。

モニターのボタンで操作する必要ないので、簡単に操作することができます。

応答速度が1msになるVRB機能を使い場合は注意が必要

VRB(Visual Responese Boost)は、Acer独自の機能になっています。

iPS液晶の弱点である応答速度を克服するための機能になっています。

仕組みは、フレーム間に黒を挿入することで応答速度を速くしています。

そのため、Normalモードで約10%、Extremeモードで約20%程度画面が暗くなってしまいます。

加えて、 FreeSyncも同時使用することができないので注意が必要です。

まとめ

iPSモニターという事で、視野角や色味も綺麗で普段使いにもオススメのモニターになっています。5年前に買ったASUSのiPSモニターよりも画質が綺麗でびっくりしてます。

144Hzモニターにして、エイムがしやすくなりました。 メインでフォートナイトをやっているのですが、 かなり実感しています。

これまでゲーミングモニターはTNモニターで買うのに躊躇していました。そこで、最近になってiPSモニターでもゲーミングモニターが低価格で発表され始め感動しています。

ゲームと日常使いで2万5千円の値段は、コスパ最強だと思います。

現在は、売り切れが続出しておりもし売っていたら購入することをオススメします。

最近は、165HzにオーバースペックしたVG240YSbmiipxも発売しているのでオススメです。

このモニターがオススメな人

  • iPSパネル採用で日常使いもしたい人
  • TNモニターほどの応答速度を求めてない人
  • Radeon GPUを使ってる人

このモニターの注意点

  • 応答速度1ms(VRB)とFreeSyncを同時使用不可
  • VRBを使用すると画面が暗くなる

追記

もう60Hzのモニターには戻れなくなってしまいました。144Hz最高です。。。

2020年3月5日に165Hz対応の上位互換モデルのみAmazon公式在庫復活しています!

残り1点となっており、早めの購入をオススメです。

今後の入荷予定もあるみたいのなので、期待。

コメント

タイトルとURLをコピーしました