SHIBUYA SKYに夜景撮影行ってきました!

スポンサーリンク

今回は渋谷スクランブルスクエアにあるSHIBUYA SKY(渋谷スカイ)で夜景撮影してきました。

東京の中でも。オススメの夜景撮影スポットですので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

SHIBUYA SKYとは

2019年11月1日にオープンした渋谷スクランブルスクエアの屋上にある展望施設です。

完成して半年の出来立てホヤホヤの施設となっています。

地上約230mの高さで東京の景色を一望することができます。

ホームページは以下のリンクからアクセスできます。

展望施設「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」について
渋谷上空約230m 体験型展望空間SHIBUYA SKY 。展望施設を空間装置ととらえ、その入口から出口までを一貫した体験ストーリーで演出。渋谷上空でしか見られない眺望体験と空間演出の融合によって、想像力を刺激する、既存の展望台の概念を超える新しい体験を作り出します。

事前チケット購入を推奨

日が暮れる頃から訪れる人が多いため、夕方から混雑する傾向にあります。

その結果、当日券を購入するために列に並び、入場制限にかかる可能性が高いです。(特に土日)

また、事前チケットを購入することで200円安くなります。

以下のページから事前チケット購入をオススメします。

SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)
渋谷上空229mの展望装置-想像力を刺激する,眺望体験と空間演出の融合-SHIBUYA SKY&lt!--img src=

三脚について

SHIBUYA SKYには、屋上と46Fの2フロアあります。

屋上では、カメラ(ストラップ付き)とスマホ以外持ち込み禁止となっているため三脚は持ち込み不可となっています。屋上に行く前にロッカーに入れる必要があります。

46Fは、屋内のため三脚OKです。(スタッフの方にも確認済みです。2020年2月確認済み)

実際に撮ってきた写真

スクランブル 交差点を上から撮った写真です。個人的には一番お気に入りの写真です。

スクランブル交差点の夜景
ISO 100 39mm f/10 2.5s

西向きの方面に撮った写真で、トワイライトタイムに三脚なしの状況で撮っています。

渋谷スカイからの夜景
ISO 600 14mm f/14mm 0.2S

この写真は、東向きの方面に撮った写真です。

広角レンズで撮ることで、東京タワーとスカイツリーを同時に撮ることができます。

目の前にビルがあり、そこに夜景が反射して写るのもGood Pointです。

渋谷スカイからの夜景
ISO 100 14mm f/16 25s

この写真は南方面に撮った写真で、品川のオフィス街方面を見ることができます。

ヒルズから移転したGoogle本社を見ることができ、電車の軌跡を撮ることができます。

渋谷スカイからの夜景
ISO 100 19mm f/18 20s

まとめ

メリット

  • 東京の夜景を全方位見ることができる
  • 三脚が使用可能!!
  • 比較的暗めになっているので反射も抑えることができる
  • 撮影場所で戦いになることはない

デメリット

  • 入場料が高い(当日窓口で2,000円、WEBチケットで1,800円)

デメリットは、入場料が高いことしか思いつきませんでした。事前にWEBチケットを購入することで200円安くすることができるのオススメです。

三脚が使える夜景スポットとしてかなりオススメなので、是非皆様も行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました