日本のウエ二塩湖「父母ヶ浜」に行ってきた!

スポンサーリンク

今回は香川県三豊市にある父母ヶ浜に行ってきました。

スポンサーリンク

父母ヶ浜とは

日本夕陽百選にも選ばれている海岸で干潮の時間帯に風がなければ鏡のように空を映す絶景を見ることができます。

昨年度からインスタなどで投稿が増え人気の写真スポットとなっています。

父母ヶ浜が人気になった要因として、市の職員が上手くアピールしていることも一つだと思います。

実際に撮ってきた写真

色々な写真撮らせていただきました。ご協力ありがとうございました。

1枚目は日が沈む瞬間の写真です。

父母ヶ浜の写真
ISO 200 19mm f/6.3 1/400S

そしてもう一枚は、日が完全に沈んだ後の写真です。

父母ヶ浜の写真
ISO2000 19mm f/3.2 1/50S

日没後は急激に暗くなるためISO感度を上げて対処しました。

アクセス

電車の最寄駅はJR詫間駅。

車でさぬき豊中IC(高松道)より約20分

四国は車社会ですので、電車では観光しづらい印象でした。

レンタカーなどを借りて移動することをオススメします。

訪れる時の注意点

三豊市のホームページで絶景が観れる日の確認

三豊市観光交流局のホームページで絶景の観れる日にちと時間が書いてあります。

訪れる前に事前確認を推奨します。

干潮の日しか見ることができないので注意が必要です。

汚れたり濡れても良い靴

砂浜ですので靴が砂まみれになります。そして水たまりを渡ったりすることもあるので靴が濡れます。

僕は、革靴を入っていったので失敗しました笑

クロックスやビーサンがあると快適に移動できると思います。

出来るだけ低い三脚

リフレクションを綺麗に映すためには、出来るだけ水たまりに近づける必要があります。もし、三脚を使用して撮りたい場合は低く安定した状態で使える三脚の使用をオススメします。

当日の注意点

父母ヶ浜のライブカメラがYouTubeで放送されています。

三豊市観光交流局にリンクがあるのでここから確認できます。

念の為ですが、行く直前に確認してみる価値はあると思います。

そして、どの水たまりが綺麗に撮れるか早めに確認することをオススメします。

感想

まず初めに、日没の20分前ぐらいに到着したため思う存分写真が撮れなかったことが失敗でした。

そして、想像以上に人が多く撮った写真に人が入ってしまいます。これも対策の必要があるかと思いました。

僕が行った日は雲ひとつ無かったので、インスタで雲が良い感じである写真は撮れませんでした。

その日に天気で撮れる写真が大きく変わります。何度訪れても楽しいスポットだと思いました。

もう一度再挑戦したいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました