海の見える駅「下灘駅」の絶景

スポンサーリンク

今回は、愛媛県伊予市にある予讃線の下灘駅に行ってきました。

18切符のポスターに採用されて以来人気のスポットとなっています。

スポンサーリンク

下灘駅について

多くの鉄道ファンから人気の駅でホーム上から伊予灘を眺めることができます。

人気ドラマや映画の撮影地にもなりました。

以前までは、日本で一番海から近い駅だったのですが、海側が少し埋め立てられ、国道ができてしまったのです日本で一番近い駅では無くなってしまいました。

ちなみに、今海から一番近い駅は新潟県にある青海川駅です。

実際に撮ってきた写真

1枚目は、電柱NI書かれた下灘駅の看板の写真です。

ノスタルジックなイメージのもと編集しました。

下灘駅
ISO200 19mm f/3.5 1/1600S

二枚目は駅の看板です。

下灘駅
ISO200 19mm f/7.1 1/500S

三枚目は、たまたま誰も人がいない瞬間の写真が撮れました。

下灘駅
ISO200 19mm f/8.0 1/250S

4枚目は、宇和島行きの列車が来た時の写真です。

下灘駅
ISO200 19mm f/4.0 1/1250S

アクセス

列車 予讃線 下灘駅で下車

車 松山方面からの場合 高速伊予IC でおり国道378号線から南下

下灘駅の奥に臨時の駐車場あります!

ただし、結構急な坂になっていますのでお気をつけください。

感想

実際に行ってみた感想としては、海が近くノスタルジックな駅でした。

ただ、思っていたよりも人が多かったです。これには、本当にびっくりしました

人の多さについては、こんな感じです。恒常的にこんな状態が続いていました。

下灘駅の現状

写真のみてわかる通り、年齢層がかなり低いです。鉄道が好きな人っていうよりも、インスタ映えがメインの場所となっていました。

このようなノスタルジックな場所は、人があまりいないからこそ雰囲気がでるような気がします・・・

ただ、観光客が来てくれる事によって、愛媛県全体にお金が落としてもらえるので良いのかもしれません。

写真を撮る際は、しっかりと粘って人がいないタイミングを見計らう必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました