時計販売員がスマートウォッチのブランドを紹介(Garmin編)

スポンサーリンク

今回は、アメリカのスマートウォッチブランド Garminの紹介です。

現在、私は時計販売する仕事をしており、Garmin人気がすごいです。

Garminは特にシリーズが多く、どれを買ったら良いか分からない人も多いと思います。全シリーズについて紹介していますので、情報集めに使ってください。

スポンサーリンク

Garminとは

Garminとは、1989年に設立し米国に本社があります。

始まりはGPSナビゲーション製品で航空、海洋、自動車などたきの分野に進出しています。

世界で初めて航空用携帯型GPS機器を開発するなど得意分野はGPSです。

主要な製品としては、シェアを伸ばしているスマートウォッチや自転車のサイクルコンピューター、魚群探知機、カーナビなど様々なGPSを活用したアイテムを出しています。

その中でも今回は、スマートウォッチに注目します。

Garminの機能

ここでは、よく質問で聞かれる機能について紹介します。

Garmin Pay

Garmin Payとは、Garimiが提供する非接触決済です。

Visaのタッチ決済機能を用いるため、日本では使える店がかなり限られます。

日本ではFelicaが主流になっているので今後もあまり増えない可能性あり。現在の流行はバーコード決済なの。

登録可能カード・・・ 三菱UFJ-VISAデビット のみ

使用可能店・・・ ローソン

Garmin シリーズ

Garminには大きく分類すると三種類のシリーズがあります。

Fenixシリーズは、様々な機能を盛り込んだガーミンのハイエンドモデルになっています。

INSTINVTシリーズは登山に特化したモデルです。

ForeAthleteシリーズは、ランニングに特化したモデルです。

vivoシリーズは、日常使いから様々な運動に使えるモデルです。

Fēnixシリーズ

Fenixシリーズの種類があります。

Fēnix 6 シリーズ (2019/9/12発売)

  • Fēnix 6x (2019/9/12発売)
  • Fēnix 6 (2019/9/12発売)
  • Fēnix 6s (2019/9/12発売)

Fēnix 5 シリーズ

  • Fēnix 5x
  • Fēnix 5x plus
  • Fēnix 5X sapphire
  • Fēnix 5 plus
  • Fēnix 5 sapphire
  • Fēnix 5s plus

Instinct  シリーズ

これは1シリーズしかありません。下記のカラー展開があります。

  • Graphite
  • Tundra
  • Flame Red
  • Sunburst
  • Lakeside Blue
  • Sea Foam

ForeAthlete シリーズ

ForeAthlete 900シリーズ(ランニング&トライアスロン)

  • ForeAthlete 945 (2019/9/12発売)
  • ForeAthlete 935

ForeAthlete その他シリーズ(ランニング)

  • ForeAthlete 645 Music
  • ForeAthlete 645
  • ForeAthlete 245 Music (2019/9/12発売)
  • ForeAthlete 245 (2019/9/12発売)
  • ForeAthlete 235J
  • ForeAthlete 230J
  • ForeAthlete 45 (2019/9/12発売)
  • ForeAthlete 35J

vivoシリーズ

vivoシリーズはスマートウォッチと活動量計の二種類に分類することができます。

スマートウォッチ

  • vivoactive 3 Music
  • vivoactive 3
  • vivomove HR

活動量計

  • vivoactive J HR
  • vivoactive J HR+
  • vivosmart 4
  • vivofit 4
  • vivofit jr.2
  • vivofit jr
  • vivosport

Approach シリーズ

Approach シリーズはゴルフに特化したシリーズです。

  • Approach S60 Black
  • Approach S40 (2019/9/12発売)
  • Approach S20J

Garminの選び方

ここでは、それぞれの用途でオススメのGarminを紹介します。

購入する際は、ぜひ試着をオススメします。

とにかくハイエンドモデルが欲しい人

Garmin fenix 6x

fēnix 6X Pro Dual Power ¥130,000+税

特徴

  • ソーラー充電機能(Garmin初)
  • Spotifyなどの音楽サービス対応(Garmin初)
  • 素材はチタンなので金属アレルギーも安心
  • 最大24日間持つバッテリー

Garmin初のソーラー充電機能を搭載。従来通りUSBでも充電は可能です。ハイエンドモデルですので、他のGarminで搭載されている機能は全てあります。

音楽サービスうやソーラー受電はこの商品のみ対応ですので、他とは一線を画します。

頑丈でスポーツや日常使いしたい人 (G-SHOCK好きな人など)

Garmin Instinct

Instinct ¥32,800+税

特徴

  • 耐熱,耐水,耐衝撃性能(アメリカ国防省MIL規格)
  • 最大14日間持つバッテリー
  • ボタン操作
  • 複数のGPS衛星に対応

アメリカ国防総省MIL規格「MIL-STD-810G」に適応する対熱、耐水、耐衝撃性能になっています。MIL規格とは、アメリカ軍で使用される必要な物資の調達に使われる規格です。

そして、タッチ操作ではなくボタン操作になっています。登山などで使用する際、手袋をする事など多くそのような場合でも使用できるようにボタン操作になっています。日常使いでも冬場など普通の手袋でも使用できるのが利点です。

ランニングメインで使いたい人

Garmin ForeAthlete

ForeAthlete 245 ¥34,800+税

特徴

  • 事故検知機能搭載でランニング中も安心
  • ランニングフォームを分析
  • Garmin Coachからトレーニングプランを入手可能
  • 最大7日間のバッテリー持ち

このモデルはランニングに特化しており、上下動や地面に接地した時間やバランス、スライドなどの羅ニングフォームを分析することができます。そして、Garmin Coachから無料でトレーニングプランを入手可能です。

事故検知機能もあるため、ランニング中も安心して走る事ができます。

2019年9月発売の新作でコスパもかなり高いです。

従来のアナログ時計が欲しい人

Garmin vivomove

vivomove HR ¥22,963+税

特徴

  • アナログ時計に内蔵ディスプレイが搭載
  • タッチパネル
  • 最大5日バッテリー持ち

アナログ時計に内蔵ディスプレイが搭載され、タッチで操作する事ができます。そのため、時計の時間も分かりやすくなおかつスマートウォッチの良いところも導入しています。

心拍計も搭載されているのでスポーツなどでも使用できます。

シリコンバンド以外にもレザーバンドなどカラーも豊富です。

フィットネスやライフログに使用したい人

Garmin vivosomart

vivosmart 4 ¥16,482+税

特徴

  • 最大7日間のバッテリー
  • 16gで軽量
  • フィットネス計測機能搭載
  • 水泳やシャワーも使用可能

重さは約16gでかなり軽量です。サイズも小さく軽いので睡眠計測に使用する際にもオススメです。

心拍計を搭載しているのでスポーツにもオススメです。

まとめ

電池持ちが良く、お財布ケータイを使用しない人にとっては最高の機種だと思います。

専用アプリもあるため、操作性も良く心拍なども常時測定する事ができます。

そして、本体も軽いのでスポーツをする際のお供にオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました